アラスカ産タラバガニの美味しさの秘密

アメリカから国内に輸入される蟹は、

昨年は約20%でした。

 

参考文献:水産庁/平成23年水産白書

 

詳細な蟹の種類の内訳は記載されていませんが、

世界のタラバガニのほとんどは、

アラスカ、ロシア、ノルウェーの

3か所の漁場で取れると言われていますので、

漁獲量は僅かなんですね。

 

そんなアラスカ産のタラバガニの

『おいしさ』や『安全性』が育まれるのは

アラスカでの自然保護の賜ですし、

しっかり人間の手により漁業資源の管理がされている事も

品質を保つ秘密でもあります。

 

アラスカ州では生態系に影響を及ぼす工場の建設や

工業、林業、排水などに厳しい規制が設けられ、

環境の保全・保護に万全な態勢が取られているために

良質で持続可能な水産資源の確保に努められています。

 

2012年4月に、タラバガニ、アブラガニ、ズワイガニも

”責任あるアラスカ漁業管理”と呼ばれる

新たな漁業管理認証を得たとのことなので、

品質をより厳しく保障され、美味しく蟹通販を楽しめそうです。

 

ちなみに、”責任あるアラスカ漁業管理”とは、

ISO65に合致した第三者機関により、

国際連合食糧農業機関(FAO)の基準に

準拠している認証制度だそうです。

PAGETOP